>  > 事情というほどではないんです

事情というほどではないんです

事情って言う程大げさではないんですけど、それまで風俗をあまり利用していなかったんですよね。でも環境が変わって風俗を思う存分楽しめるようになったのもあって最近では思うおがままに風俗のお世話になっています。風俗のお世話になっていると、本当にありがたいサービスだなって感じるとともに、やっぱり嬉しいというかありがたいよなって気持ちにもなるんですよね。自分にとって些細な事情ではありますが一時期風俗から離れていたってこともあって、より風俗の良さが分ったような気がするんですよね。当たり前って思ってはならないというか、感謝の気持ちを忘れてはならないなと。その事情に気付けたってだけでも自分としては良かったんですけど、ただ少し離れていて思ったのは風俗の事情というか、最近の女の子の素晴らしさです。お客のためにって視点を持った女の子がとても多いような気がするんですよ。そのおかげで復帰してからは常に満足感に溢れますね。

成績が落ちていて不安だったんです

営業の人間にとって、やはり営業成績っていうのは本当に生命線というか、それこそが会社での自分のアイデンティティって言っても過言ではないんですよ。成績が落ちていたらそれこそ死活問題。会社内における自分の存在感とか発言力まで低下してしまいますので、営業成績は給料を決める以外にもいろんな意味で一つの指標になっているんですよね。だからこそ、営業成績が落ちている。これはもう本当に死活問題そのもの。しかもそんな時はプレッシャーがかかるのでかえってなかなか成績も上がらず、悪循環に突入しがちなんですよね。なので風俗でリフレッシュするようにしています。風俗に行って頭を空っぽにする。女の子に愚痴を聞いてもらうのもいいですね。とにかく何かを変えないと自分自身の調子も全然変わらないってことくらいは自分でも分かっているんです。不安と向き合うのは自分はあまり得意ではないだけに、そんな時には無理せずに風俗のお世話になりますね。

[ 2017-01-29 ]

カテゴリ: 風俗体験談